おいしいコーヒーにむけてのジャーナルエピソード (2016/2~3/9)

20160309-2

Facebookにアップしたときに、軽く書いていたそれぞれの記事のエピソード。それをみて思い出してさらに加筆した、「それぞれの記事ができるまで」を再度アップするという、しつこい企画です(笑

コーヒーのおいしさという、わからないものに近づいていくために

スペシャルティーコーヒーは、既存のレギュラーコーヒーにない香味をもったすばらしいコーヒーである、と、これを楽しむ人たちは...
ゆるコーヒー会の活動ビジョン、と言っていいでしょう。
へんだなって思ったことを、まとめてみました。
へんだなって思ったことが悪いことだ、とかではなくて、その視点に立って新しく積み上げていったらもっと面白いことになるんではないですか?っていうことですね。

これ以上書くと、めんどくさいことになりそうなので、やめておきます(笑

●おいしいコーヒーが飲みたいと思ったら知ってほしい4つのポイント

おいしいコーヒーが飲みたいと思ったものの、どんなコーヒーをどうやって楽しむのがいいのか、というのは、コーヒーを楽しもうという初心者の人にはわからないことがおおいですね。今回はそういうモヤモヤを解消するきっかけ的なものを4つのポイントにまとめてみました。 その...
仕上げるのに苦労した記事でした。初心者向けに、いかに専門的な単語を排除して、かつ特定のテーマ解説に突っ走らないようにしなきゃと、書いては訂正を繰り返しました。プロフェッショナルクラスの人もコーヒー会メンバーにはたくさんいらっしゃるので、そういった人たちが読んでもキラリと、グサリとする単語も盛り込みました(笑

口下手なロースターさんたちが何かにつけ言いたいことを、うまくまとめてみたつもりでもあったりします。

●スペシャルティーコーヒーで初心者が陥る「ワカラナイ!」ポイントとその対策

コーヒーのおいしさに目覚めた人にとっての一番の「ワカラナイ」ポイントは、おそらくそのフレーバーでしょう。お店でスペシャルティーコーヒーを買うとき、その豆のパッケージに書かれている表現(たとえば、チョコのような、アップルのような、プルーンのような)は、味覚として感じる味では...
「~のような」ばかりのフレーバー表現。「んなこと言われてもわからんわ!」とわたしも何度かさじを投げそうになりました。しかしそれって「味」として認識していた感覚があって、「~のような」というフレーバーは、「味」と結論付けるまでの通り道に落ちているものを拾っていく作業なんですよね。

味に至るまでにみつかるヒント集め。味に至るまでに感じるものを、さいしょはモヤモヤとしてイライラするものですが、味覚を自覚して香味を判別していくことに慣れてくると、その過程がとても繊細で尊い作業であることに気づきます。ひとつ感じれば「●●味!」っていうのが多いですね。それってショートカットだよな。。そうやって考えてみると、ショートカットがまわりでやけに増えたような気がします。そんなノリとスペシャルティーコーヒーを楽しむノリは違いますから、ノリを変えていかないといけないなあ、という思いに至ります。

●ただのコーヒーからおいしいコーヒーに認知を上げた3つのきっかけイベント

2013年から15年にかけて、わたしは3つの出来事が日本のコーヒーワールドを刺激した、と思っています。 ●その1:セブンカフェ本格始動(2013年1月) セブンイレブンジャパンが2013年1月に始めた、コンビニでコーヒーを売るスタイル。コンビニ業界の中ではいちばん...
フツーに報道に載って、場合によってはいつのまにか日常的になったりしたコーヒーの身近なイベント3つ。公に言われるヒットの要素とは別の視点で、コーヒーワールドにさざ波のように変化をもたらしていると感じたものを、まとめてみました。

●東京で飲むコーヒーは、東にやさしく西に難しいは本当か?

おいしいコーヒーは、水に左右されます。軟水と硬水で同じコーヒーをドリップすると、まったく違う味になるのは、多くの人が知る通りですが、より繊細にそれを見ていくと、同じ水道水でも水系がかわれば味の感じ方が違ってくるのも、事実です。 わたしはお店をやっていたとき、紅茶を扱って...
あるコーヒーやさんが複数個所に焙煎所を設置しているのですが、「この焙煎所のものはOK」「ここのは絶対に買わない」というような傾向が、自分の中にありました。それはロースターの腕によるもの思っていたのですが、別にすすめていた味のリサーチということで水系別分布を調べてみたところ、そのコーヒーやさんの焙煎所の所在地は見事にそれぞれ別の水系の地域だったのです。

水道水の味がいいところは、意外ですが浄水器を使わないで水道水を直接煮沸して抽出に使っているところもあります。昔のレギュラーコーヒーで言われた理論は、「コーヒーは水道水で淹れろ!」なものもまかり通っていますから、そんな水でそれぞれで焙煎した豆を抽出し検証していたとしたら、、、と思いました。

そのお店はめったに行かないので、喫茶で出してるコーヒーの水はどうしてるか、とか聞いてないんですが、味が違うし、言われてる香味がちゃんと出たことなどほとんどなかったので、その原因ってもしかしたら水系??と思いました。
おいしいコーヒーを出すために、気を付けるとおもしろいことはいっぱいありますね。

●コーヒー会について

ゆるコーヒー会は、おいしいコーヒーを淹れるために、 ゆるくみんなで楽しむ大人のカルチャー部活動。 コンテンツは、大きく分けて2つの分野構成です。 その1:コーヒーを淹れる会の開催、イベント・WS・出店情報、参加者募集 このページを作るきっかけとなった、コー...
テキトーに書いていたものを、まとめなおしました(汗)。発足の経緯と主催者の簡単な紹介、そして会発足に寄せてまとめた、そのときの感慨。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする